Yamanobe Architects Office
497-10 soza matsumotoshi nagano 390-0305
tel+81(0)263.50.9148 / fax+81(0)263.50.9149
Copyright (c) 2009.All Rights Reserved.
blog.>>>> 2014.08
2014.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2013.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2012.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2011.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2010.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2009.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2008.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
2007.
8
9
2014.08.19

「ナツカシイいえ」

林友ハウス工業さんオリジナルのストリップ階段が施工されました。

全て無垢カラマツ材を使用しています。

大工さんの丁寧な仕事は見ていてとても感心させられます。

2014.08.16

未来の建築家

建築家に興味を抱き、模型造りが大好きで得意なお施主さんのご子息が、当事務所で設計監理を行い、現在建築中の自宅の模型を作成中です。

夏休みの自由研究として頑張っています。

あともう一息。

頑張れ。

2014.08.06

「ナツカシイいえ」

外壁工事の木壁、左官部分の木刷り下地がほぼ出来上がりました。

それに伴って、霧除けも出来上がりました。

木の使い方にとてもこだわった住宅は10月下旬の完成を目指して、暑い中、職人さん達が工事を頑張ってくれています。

2014.08.01

「ちょもらんま店舗内装工事」

松本市内ラーメン店「ちょもらんま」さんの3店舗目となる内装工事が進んでいます。

約20平米の客席の衣替えですが、安曇野市穂高産の無垢アカマツ材を壁と床に使用しています。

このアカマツは県内でも問題となっているマツクイムシを媒介とした菌により、立ち枯れとなったものを林友ハウス工業さんが再利用して建材化したものです。(自社敷地内のアカマツ)

菌によって一部、木肌が青みを帯びた青変木となりますが、見た目の違いだけで立ち枯れを起こす前と性能等は全く問題ないそうです。

逆に考えれば、少しアンティークな感じと、色を付ければ全く問題ないと思って使いましたが、予想以上にいい雰囲気となりました。

通常は廃棄処分されるものを再利用すること。

地元の材料。

いいものづくしにも思えますが、こういう建材を使用できるのも御施主さんの御理解が一番大きいですし、こういった物が良いと判断した感性の御施主さんに感謝です。