Yamanobe Architects Office
497-10 soza matsumotoshi nagano 390-0305
tel+81(0)263.50.9148 / fax+81(0)263.50.9149
Copyright (c) 2009.All Rights Reserved.
blog.>>>> 2011.04
2014.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2013.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2012.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2011.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2010.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2009.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2008.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
2007.
8
9
2011.04.28
90000km

2005年末から乗り始めた車も遂に90000km。

がんばってくれてますが、これからは自転車や徒歩で行ける所は頑張ろうとおもいます。

2011.04.25
散歩

今日は屋敷門みつけました。

自分の住む町の新たな発見。

散歩に続いて自転車も始めました。

2011.04.21
想定外

大震災から一月が過ぎました。

想定外と言われている今回の震災は技術者にとっては大きな課題が残されました。

3月23日に土木学会から緊急声明で出された一節です。

「今回の震災は、古今未曾有であり、想定外であると言われる。われわれが想定外という言葉を使うとき、専門家としての言い訳や弁解であってはならない。このような巨大地震に対しては、先人がなされたように、自然の脅威に畏れの念を持ち、ハード(防災施設)のみならずソフトも組み合せた対応という視点が重要であることを、あらためて確認すべきである」

想定外、言い訳にしてはいけません。

2011.04.18
桜満開

松本城の桜が満開になりました。

今年は松本や安曇野が舞台となった映画等が目白押しです。

個人宅の庭には適さない桜の樹ですが、自宅の庭の桜を花見する。

憧れます。

2011.04.15
散歩

歩いてみないと気付かない建物。

今日も見つけました。

木造土壁。

2011.04.013
第30回全国城下町シンポジウム松本大会

同大会の記念講演会が6月11日にあります。

講師が建築家の安藤忠雄氏です。

テーマは「城下町は輝けるか、これからのまちづくりと復興へのメッセージ」。

建築関係者でなくともおすすめです。

2011.04.11
橋倉諏訪社 御柱祭 二の御柱里引き

4月10日

橋倉諏訪社の二の御柱の里引き。

親友の前田夫妻も駆けつけてくれました。

御柱を建てる。

古代から続く儀式。

大切なお祭りです。

2011.04.07
散歩

最近、引っ越しをし、事務所まで歩いて10分かけて通勤しています。

車で通わない贅沢な通勤(散歩)が楽しいです。

2011.004.05
菓子鉢

たまたま御好意で頂いた漆塗りの菓子鉢。

よく見ると、木工漆芸家の小椋正幸さんの工房作品のものでした。

小椋さんとは工芸家の前田純一さんからご紹介頂き何度かお会いしたことがあり、ご縁を感じました。

とても素敵な菓子鉢です。

2011.04.03
デザイン・キャンプ松本

20回目を迎え、今回で最終回のデザイン・キャンプ松本。

コーディネーターに東京理科大学の建築学科教授 川向正人氏、パネラーに建築家の柳澤孝彦氏、松本市商工会議所前副会頭の池田六之助氏によるトークセッション。

まちづくり、都市景観のデザインがテーマ。

それぞれの立場からの切り口がとても興味深く、勉強になりました。

今回で最終回ということで、とても残念。

2011.04.01

橋倉諏訪社 御柱祭 山だし

3月27日 東北地方に向かって黙祷から始まった御柱の山出し作業。

あらかじめ御柱の根元を切り出しやすく根掘りをしておいた御柱を切り倒し、山から出す作業です。

町会の氏子衆総出。

橋倉町会はわずか37戸。

全国で最小の御柱祭は36戸というから、橋倉諏訪社の御柱祭は全国で最小戸数での御柱祭といってもいいでしょう。

しかも切り倒しや山出し作業は重機を使わず、人力。

取材に来ていた記者も驚いていました。

朝の冷え込み厳しい中での作業は大変でしたが、まさに神事。