Yamanobe Architects Office
497-10 soza matsumotoshi nagano 390-0305
tel+81(0)263.50.9148 / fax+81(0)263.50.9149
Copyright (c) 2009.All Rights Reserved.
blog.>>>> 2010.11
2014.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2013.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2012.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2011.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2010.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2009.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2008.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
2007.
8
9
2010.11.23
橋倉町会 御柱祭

来年開催の橋倉町会御柱祭の準備作業がありました。

おそらく長野県内では最小規模で行われる橋倉の御柱祭ですが、だからこそ大事にしていきたいお祭りです。

御柱を建てるのに必要な腕木や方立てにするためのカラマツを5本切り出し、橋倉諏訪神社に運びました。

恥ずかしながら準備作業から参加するのは初めてでしたが、いい体験をしました。

時代の変化とともに地域のお祭りが無くなったりする地域もあるようですが、仕方ないと思う反面、残念でもあります。

橋倉御柱の準備は来年から本格的な作業に入ります。

2010.11.17
冬支度

今年は秋があったような無かったような。

稲刈りが終わった田んぼには藁を束ねたものが転がっています。

いよいよ本格的な冬支度。

藁は建築資材としても昔から使われてきました。

左官材、屋根材、床材、断熱材など。

日本人にはとても馴染みの建材ですが、残念ながら最近ではあまり使われていません。

自給率、TPPなど農業の諸問題も出てきていますが、長い先をみすえて取り組む必要があるとおもいます。

2010.11.12

そして室生寺へ

唐招提寺から薬師寺を拝観した後は春にも訪れた室生寺へ。

個人的には建物、御本尊、境内を含めて一番好きなお寺かもしれません。

室生寺を拝観する為だけに奈良を訪れる価値はあると思います。

2010.11.08

薬師寺

唐招提寺から薬師寺へ。

徒歩10分程で薬師寺まで行けます。

この通りの雰囲気が京都には無い奈良ならでは。

奈良の社寺の中ではかなり有名な薬師寺。

好みは分かれるとは思いますが、ある場所から観る景色は天平時代からの眺めと変わらないそうです。

敷地内には珍しい高床式土蔵。

古くはない物だとは思いますが初めてみました。

2010.11.04

唐招提寺

鑑真大和上の専修道場として創建された唐招提寺。

国宝、世界遺産でもあります。

10年間続いた金堂の平成大修理が昨年終了し、1周年記念として金堂内陣の特別拝観が11月3日に行われました。

幼少の頃訪れた唐招提寺ですが殆ど記憶に無く、金堂を観たいと思った時には平成大修理。

念願叶って良い機会だったので特別拝観に行ってきました。

本瓦葺きの寄棟造りの大きな屋根の曲線勾配はなんとも優しく、美しく、ただただ見とれます。

金堂以外にも講堂、鼓楼、礼堂・東室、宝蔵、経堂が国宝、殆どが重要文化財以上、もちろん金堂内陣の御本尊の9尊も国宝。

素晴らしいの一言につきます。

奈良の社寺の中でもおすすめのお寺です。

2010.11.01

安曇野へ

打合せで安曇野に行ってきました。

この素晴らしい景色の中に建築する喜び。

楽しみです。