Yamanobe Architects Office
497-10 soza matsumotoshi nagano 390-0305
tel+81(0)263.50.9148 / fax+81(0)263.50.9149
Copyright (c) 2009.All Rights Reserved.
blog.>>>> 2010.08
2014.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2013.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2012.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2011.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2010.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2009.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2008.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
2007.
8
9
2010.08.30

進行中。

倉庫兼車庫の計画模型です。

これから実施設計業務に入ります。

2010.08.25

鎌倉散歩。

東京へ所用で出掛けたついでに鎌倉へ。

大学時代のゼミで見学に行った湘南台文化センターこども館へ懐かしくて寄り道。建築家の長谷川逸子さんの設計です。

まだまだ建築のけの字も分からない時に見学したので今回は見え方もだいぶ違って見えて面白かったです。

今回の一番の目的地、竹寺とも言われている鎌倉の報告寺へ。

予想以上の孟宗竹の竹林。

圧倒されました。

竹の手入れは大変だと思いますが手をかけた分、美しい竹林が保たれていて感動しました。

2010.08.22
茅野へ

卯の会の庭師、宮下君と花岡夫妻とともに茅野へ。

建築家の藤森照信氏と伊東豊雄氏のトークセッションを聴きに行ってきました。

世界の第一線で活躍されている二人のトークセッションは普通の講演会とは違って、かなり私的な部分のお話もされていて面白く、庭の話もでてきて良い勉強、刺激を頂きました。

子供の頃に育つ環境がいかに大事か。

そんなことを個人的には思いました。

2010.08.17
最近は打合せで岡谷や辰野町に行くことが多いですが、同じ信州でも雰囲気が変わります。

特にお気に入りは天竜川。

穏やかで優雅な流れもあれば、これぞ渓谷なんて所も沢山あります。

釣り人が何人か重なって竿を上げ下げしている風景は平和な感じがして好きです。

それぞれの地域の特徴があって、それに合ったライフスタイルがあるわけで、回りを見ることによって気付くこと在りますよね。

2010.08.15
終戦記念日。

23歳で戦死した叔父の手記を見る機会がありました。

いつも思うことですが、自分が同じ年齢の時に同じような内容、文章が書けるか。

書けません。

もちろん時代が違うからということもあるとは思いますが、あの時代の若者達とはあまりにも違うことを実感します。

平和を願って戦死していった当時の若者が現代をみたらどうおもうでしょうか。

ちょうど「歸國」というドラマがやっていました。

良きも悪きも考えさせられるテーマです。

2010.08.10
安曇野へ

現地調査で安曇野へ。

山が近く、緑の田園風景。

のどかな空気感。

改めて素晴らしいところです。

海人族の安曇氏がなぜこの地を選んだのか。

興味がそそられます。

2010.08.05
打ち水のススメ。

暑い猛暑日が続きますが日が暮れそうな時に打ち水を庭先や玄関先にすることをオススします。

町家などに見られる中庭は打ち水や植栽により建物内に風を呼び込む装置としての機能も持ちます。先人達の知恵です。

現代でも以外と効果的で、見た目も涼しく、天然の風は体にも心地よいです。

この長野県でも家庭用のエアコンが大分普及してきましたが、出来るだけ機械に頼らない工夫も大事ではないでしょうか。

2010.08.01

薄川。

山辺の地を流れる薄川。

子供の頃は頻繁に遊んでいた川です。

滝の音、匂い、風、全てが気持ちいいです。