Yamanobe Architects Office
497-10 soza matsumotoshi nagano 390-0305
tel+81(0)263.50.9148 / fax+81(0)263.50.9149
Copyright (c) 2009.All Rights Reserved.
blog.>>>> 2010.04
2014.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2013.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2012.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2011.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2010.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2009.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2008.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
2007.
8
9
2010.04.28

「路地のある家」

大工工事が終わりました。

これから内装の左官工事や設備工事、電気設備工事などが始まり、いよいよ工事も終盤です。

2010.04.26

白沢建装店

卯の会メンバーでもある白沢さん。

白沢建装店の二代目でもあります。

「路地のある家」ことN様邸の左官工事の施行中ですが、あうんの呼吸で進められる工事は見ていてとても気持ちが良く、ついつい魅入ってしまいます。

父であり師匠でもある親方との仕事は跡継ぎではない私には分からないご苦労があるとは思いますが、羨ましくも思います。

この住宅は漆喰の家と言える程、仕上のほとんどが漆喰です。

オープンハウスではそう言う観点からも観て頂けると嬉しく思います。

2010.04.22

地域性。

先日の長谷川等伯展に向かう途中、奈良を経由しました。その時の土蔵の写真です。

同じ土蔵でも地域が変われば意匠や素材の使い方、補修の仕方など当然変わってきます。

信州では多い腰壁部分のナマコ壁はこの地方では木の縦張りです。かつてあった物を木で補修したのかは定かではありませんが、所変われば、面白いです。

南北に長く四季折々の日本の地域性、大事にしたいものです。

2010.04.19

長谷川等伯展

昨日はかねてより行きたかった長谷川等伯展に行ってきました。

国宝の「松林図屏風」

鳥肌が立ちました。絵を観て鳥肌が立ったのは十年ぶりです。

描きたい物を描かず表現する。墨の濃淡だけで描いていることが驚愕です。本当に素晴らしかったです。

日本独特の間の取り方、光の陰影などは建築にも共通する部分ではないでしょうか。

自然との関係、光の陰影、余白。

自分の建築空間のテーマですが、いい刺激を頂きました。

2010.04.17

季節外れの大雪。

記憶にある限りでは4月のここまでの大雪は初めてです。

満開の桜に雪が積もる光景も初めてです。

今年の天気は読めません。

外構工事、外壁の左官工事の工程に影響がでないように願うばかりです。

2010.04.13

私も所属している「卯の会」の活動が松本タウン情報誌に掲載されました。

http://www.townjoho.co.jp/

当事務所も含め、「卯の会」も5年、10年先の目標を定め頑張っていきたいと改めて思いました。

2010.04.12

オープンハウス開催のお知らせ。

御施主様の御厚意により「路地のある家」のオープンハウスを行うことになりました。

5月の竣工に向けて着々と工事が進んでおります。

5月29日(土)、30日(日)の二日間で時間はAM9:00〜PM19:00 までを予定しております。詳細が決まり次第、詳しくお知らせ致します。

よろしくお願い致します。

2010.04.10

今日は天気が良く諏訪では御柱祭、松本市内の薄川では桜の花見客で大賑わいでした。

「路地のある家」の現場ではWRCの床板施工が始まっています。外壁の左官工事は来週から塗り工程へと入ります。

設計は新プロジェクトの準備に取りかかります。

2010.04.07
卯の会。

松本らしい暮らしを考える会「卯の会」。

御陰さまで、昨日は松本平タウン情報の取材を受けました。

また、卯の会のブログもでき上がりましたので、詳しくはブログをご覧頂ければ幸いです。

http://usaginokai.exblog.jp/

2010.04.05

N様邸

昨日から白沢建装店の白沢さんによる外壁の左官工事が始まりました。外壁から内壁へとおよそ一ヶ月の工事となります。

2010.04.03

苔。

思い返せば、9歳のころ家族旅行で京都の西芳寺(苔寺)を訪れたときの高揚感。

苔むした庭園を観て興奮していました。

今年から卯の会のメンバーでもある庭師の花岡氏と宮下氏とともに苔栽培に乗り出そうと考えています。

苔庭も素敵ですが、身近なところでひっそり自生している苔にも癒されます。

今日は道祖神の台座に自生していたスナゴケと切り株に自生していたオタルヤバネゴケを発見。

路地のある家ことN様邸にも苔を移植します。

いよいよ来週からは同じく卯の会のメンバーでもある左官職人の白沢氏がN様邸の工事に入ります。外壁、内壁、天井が漆喰仕上となります。

今後も庭師の花岡氏、宮下氏、工芸家の前田氏と卯の会のメンバーが工事に入ってきます。

2010.04.01
「with ROJI」

N様邸の設計における題名です。

「路地のある家」。

宅内や敷地に路地があるのではなく、敷地に接道している道が路地であり、その昔からある路地の雰囲気、景観を大切にしたい。

N様の御希望でもあります。

これからの長い年月を昔からある路地とともに過ごしていく。

そんな思いから「路地のある家〜with ROJI 〜」

と名付けました。