Yamanobe Architects Office
497-10 soza matsumotoshi nagano 390-0305
tel+81(0)263.50.9148 / fax+81(0)263.50.9149
Copyright (c) 2009.All Rights Reserved.
blog.>>>> 2009.12
2014.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2013.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2012.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2011.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2010.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2009.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2008.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
2007.
8
9
2009.12.27

N様邸の湧水の排水処理工事を行いました。

自噴していた所は掘削してみると、古い鉄管とさらに古い竹管が出てきました。

竹管が駄目になったあとすぐ脇に鉄管を差し込んだと考えられるそうです。その二つを包み込む様に新しい鉄管を接続し、庭水として使えるよう桝を経由し、既存のU字溝に配管を持っていきました。

N様邸の敷地には自噴していない井戸が他に2カ所あります。近所の方の話だ各家庭に2〜3カ所は井戸があるそうで、つい最近迄井戸水で生活していたそうです。

それにしてもかなりの水量です。

建築工事は大変ですが、この水を活かさないわけにはいきません。

2009.12.26

松本市内のお茶の老舗、伊勢の園さんの自家焙煎のほうじ茶を焙じている作業を拝見させていただきました。

車から降りたとたんにほうじ茶の良い香りが漂っていました。

10月にほうじ茶を焙じる部屋の増築をお手伝いさせて頂きましたが、とても丁寧に大事に部屋も道具も、ほうじ茶と同じ様にお使い頂いていることにとても感動しました。

気温、湿度、天気などによっても仕上がりが変わるため、長年の蓄積を基に焙じ方を変えるそうですが、その作業の前には常に道具や部屋を奇麗にし、使いやすい様に片付けをしてからでないといい物が出来ないそうです。

設計の段階からいろいろと教えて頂きました丸山社長には本当に感謝致します。

私自身も喜んでお使い頂いている姿を拝見し、設計者として本当に嬉しく思います。

2009.12.23

N様邸の上棟予定が2月10日、竣工予定が5月27日に決まりました。施主のN様のご好意でオープンハウスを予定しております。

2009年も後わずか、今の事務所に引っ越してほぼ一年。

事務所を立ち上げて、二年。

自分の干支である再来年の卯年に向けて、来年は構想しているコトを始めて行きたいと思っています。

2009.12.18

低炭素時代。

今週の始めに木製サッシメーカー、キマドさんの木原社長と打合せや今後の建築業界についていろいろお話する機会がありました。

CO2削減に向けて、多くのCO2を排出する建築業界も最重要課題となっていますが、欧州に比べるとまだまだ遅れているそうです。

当事務所も含め、業界全体でこれから一層勉強していかなければなりません。

木原社長にいろいろなことを教えて頂き、とても勉強になりました。ありがとうございました。

2009.12.16

N様邸の着工は来週になりました。

敷地から湧きだしている湧水の逃がしから始め、年明けから本格的な工事となります。

寒い中の工事となりますが、何事も無く竣工を迎えられる様に頑張る次第です。

来春5月に竣工予定です。

2009.12.11

町興し。

昨日のテレビで、新潟県村上市の町興しの番組をたまたま観ました。シャッター街だった商店街が見事に復興する話でした。

村上と言えば「鮭」のイメージが強いですが、町家造りが軒を連ね、江戸時代の人形が多く残る、文化的にも建築もとても魅力ある町だと知りました。

その中で、町興しとは、「町の住人の気持ちを起こすこと。」だと語っておられました。

結局、周りがどんなに言っても当の本人達が本気で動かないと無理なのだと。

松本市も含め、「町起こし」に取り組むところは、いろんな条件が重ならないと難しいとは思いますが村上市の例は良い参考になるのではないでしょうか。

そういえば、「起」という字は、己が走ると書きますから、何かを成そうとするときは自分自ら行動すること。

良い勉強させて頂きました。

そう言えば、薄川走ってないな。

2009.12.10

「みやま」

通い続けて10数年、常連にしか渡さないという「みやま」カレンダーを頂きました。本当に嬉しいです。

蕎麦とラーメンが食べれる店で、40年以上、美ヶ原温泉の麓で営業されています。

店の雰囲気はまさに昭和。

味も雰囲気も大好きな店です。

2009.12.06

快晴。大安。

今日は素晴らしい快晴となりました。

無事にN様邸の地鎮祭が行われました。

2009.12.03

事務所の隣で染色と昔ながらの機織りで商いをされているとても素敵なご夫婦がいらっしゃいます。

手仕事を大切にされていて、仕事場の軒下に干し柿、絹糸などが掛かっていますが、今回気なったのがこの掛け菜。

昔ながらの保存食で、乾燥させた掛け菜を味噌などと一緒に甲冑を結ぶ紐に編み込み、非常食としていたそうです。

ご主人から教えて頂きました。

よく見かけていた気がしますが、妙に懐かしく感じました。

先人達の知恵ですね。

2009.12.01

12月です。

12月6日にN様邸の地鎮祭を行うこととなりました。

いよいよ大詰めです。