Yamanobe Architects Office
497-10 soza matsumotoshi nagano 390-0305
tel+81(0)263.50.9148 / fax+81(0)263.50.9149
Copyright (c) 2009.All Rights Reserved.
blog.>>>> 2009.02
2014.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2013.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2012.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2011.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2010.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2009.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2008.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
2007.
8
9
2009.02.28

諏訪 F邸現場。

本日は以前、意匠設計の手伝いをさせて頂いた、諏訪市内のF邸の現場に行ってきました。

2階建ての鉄骨造で、大きな屋根と吹抜けの大空間が特徴です。

そもそもF邸は、高校からの友人で一級建築士で構造家の須澤匡宏さんの事務所から頂いた仕事で、もちろん構造設計は彼が行っています。

須澤君との共作とも言えるかもしれません。

一緒に仕事が出来た喜びを現場を見ると実感します。

竣工が待ち遠しいです。

その後、トキシラズの現場で構造の確認をして頂きました。

2009.02.27

トキシラズ現場。

中庭の工事は順調に進み、鉄平石張りが始まっています。

扱いの難しい鉄平石を場所に合わせて割って貼付けます。職人の高い技術とセンスが問われます。

私も鉄平石を割るのを経験させて頂きましたが、見事に粉砕しました。とても難しいです。職人さんの凄さを実感しました。

建物内では床のコンクリート打設の準備が進められています。

床にワイヤーメッシュを敷設しています。

2009.02.26

トキシラズ現場。

内部の意匠の見せ場である、格子の子格子の間隔の確認を現地にて行いました。階段との納まりとも絡むので、再度、寸法取りの確認も行いました。

古い建物は経年変化等で図面の寸法通りにはなかなか行かないのが難しいです。

事務所に戻って施工図を描きました。

2009.02.25

トキシラズ現場。

本日は、床のコンクリート打設前の設備、電気関係の先行配管の確認をしてきました。

2009.02.24

トキシラズ現場。

中庭の工事もいよいよ始まりました。

土蔵へと続くとても重要な庭になります。

庭師の花岡さんと宮下さんの丁寧な仕事ぶりが光ります。

2009.02.20

着工。

いよいよ、トキシラズの現場が着工しました。

まずは、吹抜け部の梁や束の塗装です。

4月の開店までは待ったなしで進みます。

2009.02.19

時代をつなぐなかまち展。

いつも大変お世話になっております、前田木藝工房の前田純一さんと、前田大作さんにとっては銀座和光での初出展の「時代をつなぐなかまち展」に行ってきました。

8人の作家さんによる展覧会でとても素晴らしい作品を拝見させて頂きました。

前田純一さんの厨子は何度みてもやはり凄いです。大作さんの作品も素晴らしかったです。

車で日帰りをしましたが、高校時代の親友の小林君とのドライブで、久々に彼とゆっくり話ができて楽しい一時を過ごしました。

思い返せば彼と車で長時間かけて展覧会(前田木藝工房の)に行くのは2回目で、前回は「フットサルしたいね〜」の話で大いに盛り上がったのを覚えています。

今では前田君も含めて親友3人でフットサルを楽しんでいるのが、とても幸せに感じます。

次回は前田大作展を期待しております。

近場での展覧会にこしたことはありませんが、車で時間かけて話しながらもいいものです。

2009.02.14

続 高山。

飛騨高山市内に私の大好きな重要文化財の吉島家住宅があります。

外観は洗練された格子で、この住宅の最大の見せ場は土間の吹き抜け空間です。

力強く組み合わされた木組みと土間の大空間に高窓からに光による陰影の作り出す空間は圧巻です!

先人達の知恵、技術、感性は本当に勉強になります。

さらに、鴨居を束で吊って建具だけを残しながら部屋を分節する技術とデザインは本当に素晴らしいです。

残念ながら私の写真技術がヘタクソで、写真の大半が手ぶれを起こしていました。

言い訳ではありませんが、是非実物を見てください。お勧めです!

2009.02.13

土蔵。

トキシラズの参考にしたいと思って飛騨高山の高山市内に行ってきました。

その帰り道、目に飛び込んで来た土蔵。

無駄の無い機能美。とても簡素だけれど、むき出しの粗壁のヒビがまた美しいです。こういう建築、目指したいです。

とても嬉しい発見でした。充実した気持ちで帰路につきました。

2009.02.06
地鎮祭。

着工は2月中旬ですが、トキシラズの地鎮祭を無事に迎える事ができました。

今回の工事は施主の山田さんのご好意で、中学からの付き合いで物造り仲間でもある友人達と一緒に関わる初めての物件です。

atelier m4 前田大作さん

白沢建装店 白沢雄介さん

花岡造園 花岡博文さん

宮下造園 宮下剛一さん

そして、店内の家具はいつも本当にお世話になって、尊敬する前田木藝工房の前田純一さんの作品が並びます。

とても楽しみです。

2009.02.05

鉄平石。

トキシラズの中庭の設計施工を担当して頂いてる、花岡造園の花岡さん、宮下造園の宮下さんとともに諏訪にある採石場の関鉄平石さんに鉄平石を購入しに行ってきました。

関鉄平石さんに伺うのは2回目ですが今回は真冬の中なので道中の雪が心配でしたが問題ありませんでした。

最近は輸入物の鉄平石も出回っていますが、建築の世界でも地産地消が求められる中、信州の諏訪鉄平石がある事はとてもありがたいです。

関鉄平石の関社長の話だと、地元ではなかなか売れず、ほとんどが県外に出荷されるそうです。

今回は店内と中庭の飛び石、縁側の沓石に使おうと思っています。

今後とも、地元の鉄平石を上手に使って行きたいと思います。

帰りには、天然記念物のカモシカに出会いました。