Yamanobe Architects Office
497-10 soza matsumotoshi nagano 390-0305
tel+81(0)263.50.9148 / fax+81(0)263.50.9149
Copyright (c) 2009.All Rights Reserved.
blog.>>>> 2007.11
2014.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2013.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2012.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2011.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2010.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2009.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
2008.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
2007.
8
9
2007.11.29

海の恵み。

昨日、兄の友人で海の遊びをいろいろ教えて頂いている、Yさん、Nさんに海釣りに誘われ、連れて行っていただいた。場所は日本海。海釣りは2度目。途中、船酔いと格闘しつつも、釣果は真鯛・アジ・サバ・イナダ等。

そして今日、お裾分けもかねて魚のさばき方を教えてもらうために前田木藝工房へ。

魚の命を頂くために、海の恵みを頂くために、責任もって魚をさばき、おいしく頂きました。

2007.11.27

感謝。

24日は東京で大学の友人、M君の結婚式。

大学時代は一緒に建築を学び、一旦はゼネコンに就職。大学時代から人を喜ばせる仕事がしたいと言っていたM君は自分の目標に向かって飲食産業に転職し、目標どおり現在は2店舗の飲食店を経営している。

そんな彼の結婚式のテーマは「感謝」。曰く、「人は一人では何もできず、生きられず、沢山の人たちの支えがあって今日ここまでこれました。その感謝を伝えたい。」と。彼らしいおもてなしの結婚式はとても素晴らしく、心温まる結婚式だった。

M君の人柄をよく表したM君の会社の経営信条。

義理堅く 人情深く

陰口愚痴は 絶対言うな

他人をみるな 目標をみよ

夢を抱け 大志を抱け

自分を愛し 他人を愛せ

プラスに解釈 すべてに感謝

すばらしい結婚式に招待して頂いたことに感謝。

心を亡くすと書く「忙しい」という言葉。つい言い訳によく使ってしまう言葉。本当に心を亡くさないように、「感謝」の気持ちはいつでも持ちたい。

2007.11.22

雪。

ここ最近でこんなに早く雪が積もったのは初めてのような気がする。雪かきや車の運転がいやだなと思う反面、雪の降っている夜、雪の降った朝なんかの独特の静けさは大好きだ。

2007.11.21

タイムマシン。

もしタイムマシンがあったら。と誰もが考えること。

いにしえの日本の情景、町並みを見てみたい。

徳島県美馬市脇町にある、うだつ(卯建)の町並みのような昔の町並みが残っているところを訪ねるといつもそう思う。うだつは隣家からの類焼を防ぐために2階の左右の袖に上げている。「うだつがあがらない」という言葉のうだつはこのうだつ。

脇町のうだつの町並みは江戸時代に藍商や呉服商で栄えたため、立派なうだつが多い。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。

でも行けないからこそ想像力を働かせる。頭の中で想像することはタダだから。

2007.11.19

先日、近所のコンビニで偶然にも中学時代の同級生S君に会った。聞けば左官の仕事をしていて、左官技能士の資格を取得していた。

土、石灰、砂といった自然素材を巧みな技術を使って塗り上げる壁は見事に美しく、日本の左官技術・表現の豊かさは世界でもまれ。

伝統的な木組みや竹小舞土壁の耐震強度はこれまで考えられていたよりも約3倍の強度があると証明されている。又、壁だけでなく土間の三和土(タタキ)も左官表現の一つ。

残念ながら近年においては新建材に押され、伝統的な技術を継承した左官職人がほとんど居いなくなった(特に長野県)とよく耳にする。自然淘汰されていくもの、残っていくもの様々あるが、伝統的な左官技術は是非残したい。

左官技能士のS君とはゆっくり話はできなかったが、志の高さや夢がとても共感できた。

いつか一緒に仕事ができるように、何度も叩かれ強く固くなる三和土のように自分の地盤を鍛えていきたい。

この偶然に、感謝。

2007.11.18

伐採。

薄川沿いの二車線化の工事が進んでいる。先日も数本の大きな桜の木が伐採されていた。二車線化の理由は定かではないが、近隣住民の要望もその一つだと思う。

その近くには15階建てのマンションが建設中だ。便利で住みやすくというのは誰でも思うこと。だから否定はしない。

だが、利便性や経済性を優先した開発が進むなか、本当に必要な物なのか?。本当に必要な物は何なのか?。後世に残すべきは何なのか?。美しい里山の景色が失われることを危惧する一人として、建築に関わる一人として、手遅れになる前に都市計画やルール作り、住民の意識を考え直す時期なのではないか。

2007.11.17

カラマツ。

長野県の人工林面積の52%をカラマツが占めている。信州においては見慣れた木。

このカラマツ、落葉松とも書くように針葉樹では珍しく紅葉する。他の松に比べ葉が短く細かい。広葉樹(モミジ等)のような華やかさはないが、黄色に紅葉するカラマツは素朴で美しく僕は好きだ。

2007.11.16

信州。

全国的に紅葉が遅れている今秋。信州でも遅れている気はする。

そんな中、白馬の山々は雪に覆われ紅葉と共に美しい姿を見せてくれた。改めて信州の自然の奥深さを実感。

2007.11.15

久しぶりのランニング。

久しぶりでもしっかり5Kmを走れるようになった。しっかりと習慣づいてきた。

2007.11.12

秋晴れ。

山辺の紅葉。

2007.11.09

祝。

一級建築士事務所登録完了。

2007.11.05

故障。

最近調子の悪かった愛用の Mac Pro がいよいよ起動しなくなった。

図面作成中の出来事だったので正直相当焦った。いてもたってもいられず、Mac の事でいつもお世話になっているヤマダ電機のMさんを訪ね、いくつかの解決案を教えて頂いた。その結果、故障の原因はメモリの接触不良。 CPUを冷却するためのファンがホコリを吸い込み、ホコリがメモリに付着し接触不良を起こしていた。

やはり、機械は定期的なメンテナンスを怠れない。家や建物も当然メンテナンスが必要。メンテナンスをするから、メンテナンスができるから愛着がわく。

そう自分に言い聞かせた一日だった。

2007.11.03

巻積雲

11月3日午前7時頃。空一面のいわし雲?(と言われてるらしい)

自然の造形はすごい。

2007.11.1

車検。

10月30日に車検に出していた車が帰ってきた。身内の薦めでフランス車に乗っている。グレードは一番下なので特別な装備は一切ない。

車検に出していた間、台車として大手国産車を借りていた。借りていて改めて思ったこと。フランス車には特別ではなく標準装備になっているもの。

例えば、ワイパーを動かしている時、赤信号で車を一時停止させるとワイパーは自動に止まる。車が動くとまた動きだす。バックのギアを入れると後部のワイパーが動く等。農業、車、鉄道、飛行機、時計、料理、服飾、建築、デザインなどなど、フランス人の考えるコト、モノ造りの姿勢、考えさせられる。日本人はいつから可もなく不可もない平均的なモノ造りを始めたのだろう。

何でも便利になることは必ずしも良いことだとは思わない。でも痒いところに手が届く配慮。大事だ。